読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

磨りガラス

モラルハラスメント」の大きな特徴は、その「陰湿さ」…でしょうか。ターゲットが攻撃されているという事実を、周りが気付きにくい点でしょう。

あくまで私の解釈です。私なりの言葉で説明するならば、

・モラハラ夫は家の外では何事も無かったかのように振る舞うし、外面はあたかも家族思いの父、あるいは円満な夫婦…そのイメージを崩さない。
・ターゲットはその一時の攻撃を自分が我慢すれば、と事態を軽く考えてしまう。

「いじめ」で言うならば、その「いじめ」の存在を誰も知らないし、いじめられている子もその事を言わない、…という状況です。

ここで大きな問題なのは、ターゲットが自ら "周りに相談しない" という選択をしていることです。いじめられている子…それが通常のいじめであれば、いじめられている子はどうにか自分の事態を周りに知らせたい、助けて欲しいと願うはずです。しかし、ターゲットは自分が我慢すれば収まる、夫の優しい面も知っているし、優しくしてくれる時もある、悪い人ではない…そういった考えが生まれるのでしょう。

それが「いじめ」と家庭内での「モラハラ」の大きな違いだと私は考えています。

しかしそれを子供が理解するには、無理があります。もちろん子供の私にも、到底理解することが出来ませんでした。

実際私の両親に対し、近所の人は「理想の夫婦」と口にする人も居ます。父が母を攻撃した次の朝、何事も無かったかのように仲良く、近所の人と接する両親を見て、子供の私は二人に対し不信感を抱くようになりました。なぜなら、学校で「嘘をつくとバチが当たる」そのような言葉を覚えましたから。そして何となく、本当の二人のことを家の外の人に、他人に話していけないような気がしました。家族がバラバラになってしまう…そんなイメージが浮かんだからです。

家と外には、見えない磨りガラスのような隔たりがありました。その磨りガラスの窓を開けることは、子供の私には出来ませんでした。