読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

【child】つながらない文章

私がインナーチャイルド達と向き合うのに、避けて通れないことがありました。

f:id:akkachan:20160505171451j:image

このブログの1番最初の記事です。
そこに書いた「殺意」について考えること…長らく後回しにしてしまっていたのですが、最近これについて考える時間と、心の準備が出来ました。

今一度、あの日のことを思い出すと、ある「違和感」が生まれました。それは自分の口から出た言葉に感じた違和感でした。

あの日私の口から出たのは

「殺したい」
「殺さないと殺される」

この二つです。

殺したい=want(欲求)に対し、
"殺さないと殺される"
…これには何か切羽詰まったような印象を受けます。

「殺したい」に続く言葉があるならば、その欲求を強く表現する「殺してやる!」などの言葉が来るのが自然ではないかと思います。

しかし、それに続く言葉として私が口にしたのは

"殺さないと殺される"

というもの。
その流れに、文章としての違和感を私は覚えました。

f:id:akkachan:20160505171735j:image

おそらく「殺したい」という感情のインナーチャイルドと、「殺さないと殺される」という感情のインナーチャイルドは別人なのではないか…?
そう確信しました。

自分の中から生まれた「殺意」に対し、私は一人のインナーチャイルドの存在を思い浮かべていました。それが

「child(子供)」
childに私がつけたもう一つの名前は
「サイレントキラー(静かな殺人鬼)」

殺さないと殺される…その感情はchildからのものでしょう。

childは私の小学生の期間に当たります。なぜ殺意とchildを結びつけたか…なぜ殺人鬼という別名をchildに付けたのかと言うと、ある夜の出来事を思い出したからです。

その夜私は、
両親の寝室の前に、

「包丁」を持って立って居ました。