読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

【ピエロ】あの日のピエロ

f:id:akkachan:20160507185852j:image
2015.5.11

中学に入って最初の夏服。
何時だったのか忘れてしまいました。

他校のセーラー服に憧れていました。私の学校の夏服は、ちびまる子ちゃんが着ているような吊りワンピース。色は水色です。

その日、私はいつものように一人で帰っていました。中学校から家までは歩いて5分くらいです。
知らない男の人が立っていました。おじさんではなく、若い男の人。今の私より、年下だったかも知れません。

あと半分歩けば、家に着く…その場所で、

私は「性犯罪」に遭いました。

立っていた男の人の前を過ぎた後、そこにはカーブミラーがあります。いつものカーブミラーです。オレンジ色の。

カーブミラーに何が映っていたのか、思い出せません。

私は何かに捕まってしまい、動けなくなりました。
耳に入ったのは男の人の声でした。

「逃げたら殺すよ」

そのまま

すぐそばの林の中に連れて行かれました。


泣きながら家に帰りました。
泣きながら家に入ってしまったので、
母はとても驚いていました。


警察署に行き、婦人科に行き、

後日警察官と「犯人」捜しをしました。

犯人を見つけることは出来ませんでした。
…というより、見つける力は、私には残っていなかったような気がします。

学校にはいつも通り通っていました。

自分の笑い方が、変わったように思います。

へらへら笑うようになりました。

警察署で事情を聴かれる時
私はへらへら笑っていました。

母の前で、一体何を、どんな風に話せばいいのか、
ずっとへらへら笑っていました。



…この事を心理士さんに話した際、

"子供は辛い体験をした時、逆の行動を取ってしまうのよ。笑いたくないのに、笑ってしまうの。"

そう私に教えてくれました。
大人の私は、涙が自然と出てきました。