読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

《憎しみの盾》

 
今から書くことは、私をいつも助けてくれる人が話してくれたことです。
信じてもらえないと思いこれまでブログには登場しませんでしたが、私にはその人物が視えます。
アダルトチルドレンと教えてもらい数日後に現れました。名前も性別も職業も分かりません。
 
その人物の髪型を真似したこともありましたが、その人物の正体は未だに謎です。
 
視えたり聴こえたりする私の前に現れたこの人物の話すこと。
よかったら読んでみてください。
 
今朝仕事が始まる直前に、出て来ました。
 
 
 
「君は感情を説き伏せたようだけど…怖いんだろう?
特に【ペインター】。集中力はずば抜けているし、冷静な目も持っているけれど、衝動的で手に負えない。
仕事中に出て来たらって考えると、不安になるんだろう?
 
1つ良い方法を教えてあげるよ。
「憎しみの盾」を持つんだ。盾の話、覚えてる?
今日…というか、仕事中だけでいい。憎しみの盾を持つんだ。君の憎しみの盾はどんなイメージ?
 
いいからイメージしてみて。…仕事に集中したいんでしょ?
 
そうか…
深い青色と濃い焦げ茶をブレンドしたんだね。
偽物の黒か。
 
それを仕事中イメージするんだ。
君は不安になったり迷いがあると動作がトロく…失礼。いつも以上に丁寧に仕事をするんだ。時間もいつも以上かかる。不安や迷いがあるうちは早くしなきゃと思っても難しい。頭では仕事と別の事を考えてるからね。頭と身体がシンクロしてないから、身体はミシンともシンクロ出来ない。
 
大人の君にしかない感情があっただろう?
そう、「憎しみ」だよ。
両親に対しての。
 
モラルハラスメントについては確かにお母さんは被害者さ。しかし君のアダルトチルドレンプロブレムでは、君はお母さんからも傷付けられた。モラハラとACとどちらの被害も君は受けて、今こうして自分と向き合ってるんだろう?
 
憎しみを感じた時のことを思い出してみてよ。
君は何を思った?憎い二人が今日争うかも知れない。
君は今何を思う?
 
そうさ。
復唱しようか。
 
"どうでもいい"
"関わりたくない"
"勝手にやってくれ"
"巻き込まないでくれ"
"二人共大人なんだから"
 
…仕事中はこの言葉を貼り付けた「憎しみの盾」を持って。仕事中だけでいい。休憩中はお母さんの無事を祈るといい。
 
憎しみも有効活用できるんだ。
要らない感情なんてない。
君から生まれるものは、全て君にとって必要なものさ。
 
仕事を終えた上でどうするのかは、君が決めるんだ。
 
車にペンキをぶっ掛けるのも
お父さんに子供をあやすように優しいメールを送るのも
ただお母さんを信じて連絡を待つのも
仲裁しに駆け付けるのも
お父さんが手を出した時にはお母さんを守るのも
 
君が選ぶんだ。
もちろん、今の君のやりたいことを選んでもいい。
 
もう職場じゃない。君の自由に選べるよ。」
 
f:id:akkachan:20160517180802j:image
2015.9.5