読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

喜びを共有する

f:id:akkachan:20160527210107j:image
2015.9.13

上の写真、何だか分かりますか?そう、

「マスカット」です。

私は写真下の日付、その日の食卓で、マスカットを食べることが出来ました。

おそらく、総の状態のマスカットを見たのは、初めてだったでしょう。

マスカット味のキャンディは好きでしたが、本物のマスカットを味わうこと、そしてまじまじと見つめることが出来たのは、この時が初めてでした。

このマスカットというのは、父がお土産に買って来てくれたものです。高価な物だという話の内容しか、覚えていませんが、マスカット…美味しいものを楽しく食べることが出来た…それも夕食の食卓で。

この時間というのは、大人の私にとって非常に嬉しい時間でした。

どこかの有名な場所に連れて行ってくれることより、
どこかの有名なお菓子を買って来てくれることより、

父と母と、テーブルを囲んで美味しいものを食べて

「美味しいね」
「色が綺麗だね」
「風船みたいだね」

そうやってただ感想を述べ合う、
マスカットを共有する、

その時間の方が、何倍も自分にとって価値のあるものだと感じました。
兄がその場に居なかったのは、残念ではありますが。


マスカットは非常に可愛らしい見た目、
そして愛らしい味がしました。

…すいません、こんな表現で。。

綺麗な丸いフォルムは、風船のようで、
色も明るいグリーンで、未だ足を踏み入れたことの無い、遠い外国をイメージしてしまいます。

実が摘み取られた茎は、私が視た
"視えないもの"
に似ていて、こんな可愛らしい色だったら素敵だな…と感じました。



アダルトチルドレンに足りなかったのは、
どこの家庭にもある普通の日常です。

他愛の無い話をして笑い合ったり、
嬉しい、楽しい、悲しい、腹立たしい…
それらを家族で「共有」すること。

それが足りなかったのだと思います。

そして、子供にとってそれらは、
子供が過ごす家庭において必要なことだったのだと思います。

マスカットを家族で平和に共有できた喜びは、
たぶん私は忘れないでしょう。