読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

食事を楽しむ

f:id:akkachan:20160614231335j:image

2016.6.14

 

今夜の夕食はマルゲリータ、近くのレストランにて。

高校時代からの友達と。

はるばる福岡から来てくれました。

 

誰かとご飯を食べるのは、本当に久しぶりです。

 

家で怖い思いをしたのは、だいたい食卓でした。

私は食事が苦手です。

味もよくわかりません。

急いで食べる癖があります。

 

しかし、今日食べたマルゲリータはとても美味しかったです。

普段の何倍も時間をかけて、ゆったり食べることが出来ました。その理由の1つは

 

私は高校時代の友達、

彼女のことを信頼しているからだと思います。

 

食卓…誰かとご飯を食べる時というのは、

緊張してしまうんです。

 

父に見られているような…

そこに父は居ないはずなのに。

誰かが突然怒り出すんじゃないか…

そんな人居ないのに。

もたもた食べるな!と怒鳴られるような…

そんな人居ないのに。

 

信頼している彼女は美味しそうにご飯を食べます。

とても表情豊かに話をします。

私の食事の手が止まっていても、怒鳴ることはありません。

 

私はそれらを知っているのです。

彼女が父ではない事を知っています。

彼女とはこれまで何度も食事をしました。

彼女と食べるご飯は美味しいということを、私は知っているのです。

 

私が食事を楽しむために何が必要なのか考えてみたのですが、まずは

「リラックスすること」でしょう。

 

不思議に思われるでしょう。

しかし私はリラックス出来なかったのです。

子供時代、そして今でも両親と、育った家で食事をする時というのは、肩がガチガチに身体は強張ってしまいます。

 

張り詰めた空気の中に居て、次に何が起こるのか、その予想と不安でとても息苦しかったです。

目の前の料理の色も、味も、食感も、それらを楽しむ、味わう余裕なんてありませんでした。

食事の途中で父の攻撃が始まると、私は目の前の料理をどうしたらいいのか、分からなくなりました。

食卓に並んだ「命」に対して、とても申し訳ない気持ちになりました。

命をありがとう、と頂きたかったのに。

 

食卓というのは、私にとって

不安、恐怖、混乱、圧倒、緊張、etc…

それらが付いてくるものだというイメージが心と身体に染みついてしまっているのです。

 

お化け屋敷、のような感じでしょうか。

私はお化け屋敷は好き(得意)なのですが、苦手な方は多いですよね。

お化け屋敷が食卓のようだと言えば、イメージしていただけるでしょうか?

 

出来るだけ早く済ませたい…

そう思ってしまうのです。

 

噛むというより飲み込み、

勢いに任せて完食する。

 

とても胃に悪い食べ方をしてしまいます。

 

 

しかし今日の私は、とてもゆっくり食べることができました。相変わらず飲み込む癖はありますが、勢いに任せなくてもマルゲリータを完食することが出来ました。

 

食事にはデザートも。

f:id:akkachan:20160614234912j:image

 

正直マルゲリータでお腹いっぱいでしたが、夕食は普段から少食なので。

しかしやはりデザートは別腹なんですね。

こちらも完食!

 

とても美味しく頂きました。

パフェというのは見た目の可愛さも魅力ですが、

食べ進めるとどんどん違った味と食感が楽しめるんですね。

 

この感想を持てたのも、信頼している相手とリラックスして食事が出来たからだと思います。