読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

好きなことをやる勇気

 

先日、心理士さんから核心を突かれてしまいました。自分と向き合い出して、自分の生き方についてなど…よく話をするんです。

 

ほとんど毎回、私は描いたものや作ったものを持参しては、心理士さんに見せているんです。

"好きなことをして、生きていきたい…"

最近はそんな風に思うし、その思いが強いけれど、果たして本当に好きなことをして生きていけるのか…思い悩む日々です。

 

絵の連載が始まったんです。

http://www.chiisaikaisha.com

f:id:akkachan:20160801002432j:image

 

TwitterFacebookでも素敵に宣伝をしてもらって、本当に嬉しくて。

 

でも正直、すごく怖かったんですね。

【ペインター】はずっと引きずっていました。

 

家の外の環境というのは、自分にとってとても大切なもので…縋るように、必死でした。

高校時代、二年生になると私は油彩を専攻したんですが、自分のスペースが与えられるんです。

まるで小さなアトリエのようで…私はよく逃げ込んでいましたね。

 

作品が作れる環境、自分を表現できる時間…

とても、恵まれた環境でした。

普通科の子達が座学をしている中、芸術科の私を始めクラスメイトは、みんな自分の作品を作ったりデッサンをするんです。

 

とても…かけがえのない場所でしたし、時間でした。

 

そんな環境は、美大や芸大に行けば、続いたでしょう。もっともっと、芸術について学ぶことが出来たでしょう。

 

でも私は、…やっぱりショックだったんですよね。

家に居場所を感じられなくて、でも絵の世界なら、やっと伸び伸びと、自分に自信もついた、あの世界で…

一度批判された位で…投げやりになってしまったんです。

 

もちろん働くことへの憧れや、芸術を学んだことのない人との交流を求めていたり、進学しなかった理由というのは沢山ありますが…

あの時、間違いなく私は、ショックを受けてしまったんです。そして、一度批判された位で凹んだ自分が情けなくて、物凄く格好悪くて…

 

"絵なんて描いてたって…それで飯が食ってけるわけないし…!"

 

【ペインター】の口癖なんです。

一番絵を描くことが好きで、芸術に救われて、誰よりも絵を描きたい彼女が、一番描くことを怖がってるんです。

自分の作品を否定される怖さです。

自信家の彼女の…唯一の弱音かも知れません。

 

インナーチャイルドストーリーでお話した、亡くなった友人…私は彼女から、好きなことをやってもいい、お金にならなくてもやっていい、夢中になっていい…それらを、教えてもらいました。

 

しかし好きなことで生きていく、収入を得ることは、また別の問題で。

 

心理士さんは、私の作品を手にとって

"これが欲しい!売ってくれ!って人がいたら、幾らで売りたい?"

 

そう尋ねられました。

 

私は…何も考えられなかったんです。

そもそも、そんな発想が無かった…。

 

"好きなことをして生きていきたいと思ってるあなたが、それをしちゃダメだと思ってる。"

 

"あなたが一生懸命作った作品でしょう?ディスカウントしちゃダメよ。自分を安売りしないで。"

 

とても、胸に響きましたね。

 

今日、ものすごく葛藤しました。

絵が描きたい!

描くのが怖い!

でも描きたい!

でも怖い!

 

f:id:akkachan:20160801005421j:image

 

絵筆を握るのが、…絵を描くのに動悸がするなんて、…そんな事があるなんて、知りませんでした。

高校時代は、そのドキドキがアドレナリンにでもなっていたのでしょう。苦笑

 

でも不思議ですね。

描き始めると、もう止まらないんです。

下書きしないのは毎度のこと…でも先生は居ませんから、好きな音楽を聴きながら、夢中に絵を描いていました。

 

f:id:akkachan:20160801005656j:image

 

f:id:akkachan:20160801005713j:image

 

f:id:akkachan:20160801005727j:image

 

f:id:akkachan:20160801005752j:image

 

高校時代は、誰かに好かれようと描いたことはありません。だから…よく先生と衝突してましたね。

でも、とても楽しい。

 

コンセプトも無い

下書きもしない

ただ自分の感性が、身体を動かすんです。

 

SNSにアップしたら、名前も顔も知らない人達がresponseをくれて…

その中には否定するものはありませんでした。

 

そもそも…わざわざ批判する人なんて、少ないのかも知れませんね。

 

同じ高校時代を過ごした友人が、彼女は彫刻を専攻していたんですが、今は美術の先生をしているんです。

 

先生の立場で、当時のことに対して彼女なりの見解を話してくれました。

それが、なんだかトラウマになってた【ペインター】の記憶を、視点を変えてくれたようで、本当に友人には感謝しています。

 

「怖い」が、思いの外たくさんあるんでしょうね、私は。

家庭でのこともそうだし、何気ないことでも、恐怖を感じやすいのでしょう。

 

好きなことに対しても怖がってしまっていたんですから、それも、当時は自信を持っていたことにすら。

 

でも今日描けました。

変われました。

 

もっともっと、絵を描いていきたいです。

 

f:id:akkachan:20160801010847j:image