読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

自分の想いが、お金になった。

 

ついさっき、

入金の確認をしに銀行に行ったんです。

先日ご紹介した衣装代です。

 

………………

 

通帳の一番新しい行に、金額と、友人の名前…

100円のポストカードが売れたことはあったんですが、今回は四桁の収入…

それも友人から、借金をしたわけではなく、収入として…

 

なんだか、不思議な気持ちになりました。

嬉しさはもちろん、戸惑いのような、

 

それは、作り上げたものや材料費もそうだけれども、

自分が夢中になれた時間だったんです。

衣装を制作した時間というのは。

 

もちろん会社勤めの合間でしたから、時間や体力に制限があって、もっと手を入れたい部分はたくさんあったのですが…

 

"想い" が、お金になったような、そんな不思議な感覚を覚えています。

 

これまで、お金の管理が出来ない私は、

よく分からなかったんですよ。お金の価値が。

 

お金が無いと生活に困るのはそうだけれども、

ただの紙切れ、丸いコイン…

こんなものが、世の中を動かしているのかと、摩訶不思議でした。

 

親から何度「子供のためだったら」とこれまで資金援助をしてもらっていたにも関わらず、

その意味が全く分かりませんでした。

 

おそらく両親にも、「想い」があったのだと、今確信しています。

 

良いものが作りたいという私の想い。

友人が私に依頼をしてお金を出したいという想い。

 

想いは、お金になるんですね。…というより、

お金として表現されるのだと、理解できました。