読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

自分らしく生きられる方法が、必ずある。

アダルトチルドレン記録

f:id:akkachan:20160817181806j:image

折り鶴の吊るし飾りです◎

まだまだ試行錯誤を繰り返していますが、やはり折り紙は楽しい…ニヤリ笑。

 

突然ですが、私にはフリーランスの友人がたくさん居るんです。

19歳、20歳で働いた会社の方々…

 

カメラマンさん達は、自分の撮影スタジオを持ってフリーのカメラマンとして活躍しています。

 

スタイリストさんは、文房具が好きで文房具屋さんを始めました。もう2号店もオープンしてるんですよ。

 

4月に熊本震災支援のため久しぶりにあった動画カメラマンは、映画を撮り、海外・国内で作品を評価され、大学の講師なども行い忙しそう。

 

同じくその時はじめて出会ったお二人。

 

1人の男性は芸術家。温かな家族を持ちながら、絵画をはじめ本も出版し、私に絵の連載を提案してくださった方でもあります。

 

1人の女性は服飾作家。お洋服を作り販売・展示しながら、お洋服のお直しの仕事も受けています。

 

文化服装学院で出会った友人達の中には、ブランドを立ち上げコンテストで賞をもらい、パリで展示をしたり、今後の活躍も楽しみな友人達。

 

私はこれまで…

とても受動的でした。

自分には価値が無いと思っているので、自分の作品にも価値が無いと信じている…

 

そんな私を色んな場所に連れて行ってくれ、美しい、面白い、ワクワクする世界を見せて体験させてくれたのは…その時周囲に居た友人、先輩、上司達でした。

 

彼らが求めているのは、得たものは、

「自由」

でしょう。

 

しかし自由には、責任が伴います。

私はそれが怖くて…不安で…

 

でも、それを手にしたらハッピーな自分を想像出来るんです。

東京から福岡へ戻った当初は、自分のお店を持つんだ!と意気込んでいました。笑

 

 

子供の頃から…

幸せを夢見ていた…どんなにどん底でも、苦しくても、心が痛くても…

 

子供と大人の違いの1つは、、

自分で生きていける事だと思うんです。

 

行きたい場所に行ける

食べたいものを食べられる

遅くまで起きていても怒られない

 

本来なら大人になって体験する苦労を、多くのアダルトチルドレンの方は子供の内に経験済みだと、私は思うんです。

足りなかったものは、これから補えばいいと思います。

教えてもらえなかったことは、これから自分で学べます。

 

その優しさも

その謙虚さも

その繊細さも

その献身さも

 

「才能」です。

 

私は開き直ることにしました。

私には、色んな才能があるのだと。

会社ではその一部しか使えない…と信じているし、そうしてしまう。。

 

 

実家に

帰ることになります。

 

正直……

 

怖くてたまりません。

 

ですが、私は少しずつ、進化してきました。

逃げるように家を出た時の自分とは、一味も二味も違うと思うのです。

 

やはり…

表現することは、私にとって生きがいのようです。

楽しさも、苦しさも、表現することで乗り越えてきました。

これが私の、…いえ、自分の生きる道なのだと、

 

覚悟が出来ました。

 

家を出た時とは、父も、とりわけ母は変わりました。変わってくれました。理解してくれると、そう実感できる瞬間があります。

 

大丈夫、

大丈夫、

自分らしく生きられる方法が、必ずあります。