読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

伝統守る会社

f:id:akkachan:20160830185725j:image

 

本日、退職のための最後の手続きのため、

会社へ行きました。

 

7月末から休職となり、体調は良くならず、9月いっぱいで退職という決断をしたのですが、

手続きのために何度も会社に赴く…

人事の方は私の負担を考えてくださり、今月で退職させて頂く事になりました。

 

何も手がつかない私のために、

傷病手当金の申請書は、あと主治医の記入欄だけ残して、郵送用の封筒に切手を貼って用意してくださっていました。

 

冒頭の花束は、社長から。

会社のポストカードの裏には、温かいメッセージが綴られていました。

 

"復帰する気持ちは?"

"…待っています。"

 

 

その言葉を聞いて、胸が痛みました。

 

優しく親切にしてくださった事への嬉し涙、

これほど大事にしていただいたにも関わらず、頑張れなかった悔し涙、

 

色んなものが込み上げて、泣き虫の私はまた泣いてしまいました。

 

 

この会社に転職したことは、私がアダルトチルドレンと知らされ、自分の意思で手にしたものでした。

 

アダルトサバイバーとして、

自分で自分のために生きる…

最初の、一歩だったんです。

 

直属の上司も、人事の方も、

私の抱える問題に耳を傾け、親身に相談に乗ってくれていました。

 

今日ばかりは、

私の勤めた会社自慢をさせてください。

 

100年以上続く会社。

強みは何と言っても、「自社一貫生産」。

織糸一本から選び、それが織物になり、製品になり、自分達の力で売っていく…

 

社訓の一番最初は

 

"社員が幸せになれる会社"

というフレーズが入っています。

 

社員への心配りが…半端じゃないんですよね。

こんな会社、初めてでした。

 

入社した頃は何も分からず、それまで紳士シャツの前身頃しか縫っていなかった私は、学園時代を思い出しながら婦人服の縫製を練習しました。

 

f:id:akkachan:20160830191510j:image

入ったばかりの頃は…毎日必死で。

 

でも段々と出来ることが増えてきて、そしたらまた新しいアイテムの縫製を覚えて…

憧れの先輩の見本を見ながら、縫製を考えたり、工程を考えたり…

 

その様子を、、

ちゃんと見ていてくれていたんだなと、

今日実感しました。

 

常に評価してもらわないと不安になる…

そんなACの私は、なんだかやっと、ホッと出来ました。

 

頑張ってきたことは、

今までやってきたことは、

間違ってなかったんだな、と。

 

もっと早く気付ければよかったな、と。

 

社員への心配りを忘れない…

そんな社長が大好きでした。

 

100年を迎えた会社は、

200年企業へと歩んでいます。

 

伝統を守りながら。

 

 

 

人の縁というのは…

今まで信じていなかったんです。

 

ですが、この会社の為に力になれることがあれば、

縁があればまた赴きたい…

そう感じましたね。

 

突然の休職、そして退職にも関わらず、

常に私の体調を気遣ってくださった恩…

 

しっかり寝て

しっかり食べる。

 

f:id:akkachan:20160830192836j:image

先ずは社長から頂いた中国土産から…

なんとか、食べ切りました。。

 

 

お腹も、胸も一杯の1日となりました。