読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

[紹介]精神科医の動画チャンネル

アダルトチルドレンと健康 アダルトチルドレン記録

すぐに病院に行けない時…

本当に症状が酷い時というのは、自力で病院に行く事すら出来ないものです。

 

私は、自分がアダルトチルドレンだと知り、統合失調症にしてもそうですが、ネットであれやこれや関連ページを検索する癖が付きました。

 

主治医が言う通り、ネットに上がっている体験談(私のブログももちろん含めて)それは他人の体験談や一般論。

なかなか実践しようと思っても、自分には上手くいかない、続かない…そういったことはごく自然と出てくると思います。

 

今回ご紹介したいのは、精神科医によるYouTubeの動画チャンネルです。

 

廣瀬久益(ひろせひさよし)さん。

関東で心療内科精神科医をされているそう。

 

まず私が最初に見たのは、アダルトチルドレンについての動画でした。

 

アダルトチルドレン(1/2)

f:id:akkachan:20160908144600p:image

https://m.youtube.com/watch?v=Un1tOn_nVLc

(新宿オーピー廣瀬クリニック)

 

非常に分かりやすく、話も聴きやすく、何より好感の持てる(個人的に)医師だと感じましたね。

 

アダルトチルドレンに関わらず、様々な精神疾患、精神的な悩みについてお話しされている動画が幾つもあります。

 

先日も私は「抑うつ神経症」という新しい病名を傷病手当金の申請書の主治医の記入欄から発見し、ちょうど「神経症」という題での動画をアップされていたので見ました。

 

なるほど…と思いましたね。

 

一般的に、日本ではまだまだ精神科、精神疾患について偏見や差別があると感じます。

 

しかし、患者自身、病気についてよく理解出来ないこと…多いと思うんです。

 

精神科医が分かりやすく説明する動画…心理カウンセラーさんの動画はよく見つかるものの、医師の説明や言葉、患者さんへの動画ってあまり無いと思うんですよね。

 

この先生はホワイトボードに書きながら話してくれるので、耳からでも目からでも、取り込めます。

 

"ながら見" 、"ながら聴き" でも、結構気分転換になったりします。

 

興味深いタイトルの動画がずらりとありますので、

そしてこの医師はAC問題についてとても理解があると私は感じています。

 

是非、ご覧いただきたいです◎