読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

生きづらい

f:id:akkachan:20160914144813j:image

最近のFacebookでは、過去に投稿した記事が表示されたりするんです。

上の画像は、…おそらく2〜3年前に投稿したものだったと思います。

コレ、何だか分かります?苦笑

 

 

格好つけて、得意でもない英語を駆使して…

というか、日本語だと、家族に見られた時にすぐに内容が読めてしまいますからね。。

 

自分で作った、自分のための行動シートです。

 

"朝ごはんは食べましたか?"

"安全に運転が出来ましたか?"

etc…

 

あまり続かなかったんですが、1日の出来事を質問形式にして、回答。よく出来たことに関しては、可愛いシールを貼っていましたね。

 

まだ、心理士さんと主治医に会う前の頃のものなんです。

 

これまで自分に元気が無いと感じる時…

様子がおかしいなと感じる時…

 

そんな時はいくらでもありました。

そんな時は、必死に自分を奮い立たせる…

自分自身というよりも、別の人になって元気のない自分を励ますような…

それは優しい先生のような、熱血コーチのような、保健室の先生のような…

 

確かに励ましているのは自分だけれど、

頭にイメージするのは自分じゃない、別の誰かだったんです。

 

自分で自分をマネジメントする…

それってすごく大切なことだと思います。

すごく大切なことだと理解していたから、私は必死になって自己啓発本を読み漁ったり、自分なりの解決策を探そうと…やってきました。

 

でも出来ない。

 

父が家族を攻撃して、

枕元から聴こえる怒鳴り声、

声を殺して涙を流して、

興奮する心臓を何度も叩いて、

いつの間にか血が出ている手首、

不安でいっぱいの中、

明日なんて来るのだろうかって、

明日が来たら来たで、

今日だって何が起こるか分からない、

 

毎日じゃなかったですよ。

 

毎日じゃなかったけれど、

だから余計に難しかった。

 

家族の精神状態に…いえ、

子供が、

大人の、

精神状態に、

 

必死に合わせて…

 

生きてきたから、

でも、だから子供ってすごいんだなっても

今思います。

 

 

大人になると、みんな楽をしたがりますよね。

何かにつけてご褒美を自分に与えたり…今の私もそうです。ものすごく怠け者。苦笑

 

子供の頃は真面目にやって褒められたことでも

 

"神経質" だとか

"真面目すぎる" だとか

"いい人すぎる" だとか

 

 

一生懸命生きてきたのに、

なんとも生きづらい世の中…

外国にでも行けば、何か変わるんでしょうか、、

 

 

 

PS

ただの愚痴の記事になってしまいましたね。苦笑

どこにも吐き出す場所が無くて…。

いつも読んでくださり、ありがとうございます◎