読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

モラハラを脱出した母への戸惑い

 

長年私の父…夫のモラハラに遭っていた私の母ですが、

今随分と回復しています。

 

以前書きましたが、母はモラハラカウンセラーの方のブログを日々チェックし、自身の体験と重ね合わせているようです。

その中で着実に、カウンセラーさんの考えやアイデアを取り入れ、確実に「回復」しています。

 

回復…というか、何でしょうね。

母は "マインドコントロールが解けた" 

そのように私に話してくれます。

 

母から聞く最近の両親の様子というのは、私が育った環境とは、随分と様変わりしたように感じます。

 

ここ最近、母に会う度に…

母はとても嬉しそうな顔を見せてくれるんですよ。

 

しかし正直な所、素直に喜べない自分の感情に気付かされます。明らかに…戸惑っているんです。

私は。

 

モラハラ加害者というのは、自己愛が強いと書かれますし、私の父もそうです。

自身を正当化するために、2つの顔を代わる代わる出して来ます。

 

私が考えるに…

"甘やかしてはいけない"

 

大の大人である人間には、少々おかしな表現かも知れませんが、私はそう考えています。

モラハラの被害に遭ってしまう人というのは、優しい人が多いそう。私の母もそうです。

 

優しく、思いやり、声かけが出来る人間です。

しかしその尽くす想いが強い上、自己愛が強い人間というのはそれに甘え、次第に我が物のように扱う…モラハラのターゲットにされてしまうんです。

 

そんな、モラハラのターゲットになっていた私の母がなぜここまで回復出来たのか…

本当に不思議なくらいです。

 

今ではすっかり、立場が逆転したかのように感じられます。母の話を聞く限りでは。

母の喜ぶ姿に、共感出来ないのは、

やはり私がアダルトチルドレンだから…。

 

母の話は、回復は喜ばしい事なのに、

私はとても複雑な感情が入り混じって、なんとも後味の悪い状態になってしまいます。

 

その理由は…

なんなのか、ずっと考えていました。

 

おそらく、母がモラハラを回復する事と、

私がアダルトチルドレンであるという事は、

全く別個の話なのだと、そう思うんです。

 

長年父のモラハラに耐えて来た母ではありますが、

完全に父に意識が集中し過ぎていました。

私や兄が子供時代、大切な時期に。

苦しい時でも、悲しい時でも、いつでも

我が家では父が最優先でした。

 

その事実があるから、

うまく飲み込めないんです。

はい、良かったね!…とは言えないんですよ。

 

そしてもう1つ。

 

やはり私は、理想の夫婦像を求め過ぎていたのだと気付かされました。

モラハラをする関係というのは、論外。

しかしモラハラから脱却し、回復したターゲット…

母はとても…

勝ち誇った様に見えてしまうんです。

もちろんそれは私の印象に過ぎません。

 

しかし今度は、私は父に対して、

"可哀想だ" と感じてしまう…

これじゃあ父と母の関係が入れ替わっただけじゃないか…

夫婦というのはお互い対等である "べき" だ…!

 

そういった価値観、理想像が、

おそらく私の中に長年あるのでしょう。

 

実際の所は私は知りえません。

モラハラをする人間というのは、人を一方的に攻撃する反面、人に甘え、情けを受けようと必死になる姿勢もまた崩しません。

 

それに対し、冷静に、客観的な目で父を見れるようになった母の回復というのは、本当に喜ばしいことでしょう。正直、ぜんぶ共感は出来ませんがかなり驚きました。

とても短期間で…

母のその強さが羨ましいとも思います。

 

しかしアダルトチルドレンの私はやはり、

こう思ってしまうんです。

 

 

 

"なぜあの時、

辛い時

悲しい時

苦しい時

寂しい時、

私が子供時代に、そう出来なかったのか…"

 

 

母を責める気はありませんが、

なんとも不甲斐ない気持ちでいっぱいになります。

 

どこにぶつけていいのやら…。

 

そして悔やんで責めてしまいます。

両親の仲を取り持つ為、

家庭の雰囲気を壊さない為、

必死になって我慢してきた自分自身を。