子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

AC怒りMAXの時の対処法

f:id:akkachan:20161107180930j:image

2016.10.14

 

子供時代を思い返した時…

トラウマがフラッシュバックした時…

 

困りますよね。

私の場合は最初に泣きじゃくり、(当時のインナーチャイルドでしょう)その後に訪れるのは、

 

怒り

憎しみ

論破したい

etc…

 

しかし、鮮明すぎる程覚えている当時の光景…

また同じ目に遭うことは、おそらく私の場合は無いでしょう。

 

父は確かに、 "丸くなった" し、

母はモラハラから脱却しました。

 

ですから、今の両親にどんなに暴言をぶつけようと、

当時の環境の最悪さを理解してもらおうとしても、

非常に難しい。そして、

それは現在の彼らに対してのものでは無いのです。

 

それが理解出来ているから、突然に生まれるやり場のない気持ち…

これらをどう対処したらいいのか困り果てます。

というか…収まらないんですよね。

 

そんな時にと、心理士さんがオススメしてくれた対処法があります。

 

今回はブログをご覧の皆さんにもお伝えできればと思います。

 

怒りや憎しみ…

自分から生まれたものです。

自分から生まれた大切な自分の感情です。

 

子供時代はそれを感じないように、

怒りや憎しみを持つことが "悪い事" だと信じ、

何度も何度も蓋をしてきたACの方もおられるでしょう。

私もその1人です。

 

ですが、持っちゃいけない感情なんて、

私は無いと思います。

自分から生まれた怒りや憎しみを認めながら、

それらがMAXになって攻撃的になってしまう時にどうしたらいいのか…。

 

心理士さんはある魔法の言葉を教えてくれました。

私にとっては画期的とも思えたものです。

 

「あの時さぁ…!」

 

これを冒頭に持って来るんですよ。

当時の親、或いは現在の親にぶつけてやりたい言葉は、怒りや憎しみを感じた時には幾らでも出てきます。

 

そんな時に "あの時さぁ…!" を最初につける。

 

私が、何て画期的なんだと思った点は、

完全に "過去" にしてしまうからです。

 

トラウマというのは、過去に起こったはずなのに、

感じている私は、まるで当時の環境に置かれた状態になってしまいます。

タイムスリップしたかのように。

 

過去だと肯定する "あの時" というフレーズは、

まさに現在を生きるAC=大人の自分には、魔法のような言葉なのだと感じました。

 

先日…

思い出してしまったんですよね。

 

食卓から母を追い出す父、

そして抵抗もせず言われた通りに食卓から離れていく母…

 

最初は泣きました。

おそらくインナーチャイルドの【child】でしょう。

自分を置いていかれた寂しさ、

悪くも無いのに "すいません" と言い、食卓から離れた場所で1人食事をする母の後ろ姿…

【child】の正義感…

大切な人を守りたいのに守れなかった悔しさです。

 

泣いた後は、激しい怒りを感じました。

大人の私です。

 

なぜ食卓で子供の前で、子供の大切な母親を罵倒するのか。

子供の前から母親を離すのか。

なぜそうも父の言いなりになり子供の側から離れていくのか。

 

父と母、両方への怒りでした。

しかし【child】も居ます。

 

私は泣きながら、

「あの時さぁ…!」

それを繰り返し、繰り返し言いました。1人で。

何処にもぶつけようがない怒り…

そして今にも壊れそうな悲しい寂しい、悔しい心。

 

それらを落ち着かせるために、

何度も何度も言いました。

 

お風呂場で。苦笑

 

ですが、誰も傷付けずに済みました。

自分1人で解決したんです。

 

家庭内でのトラウマを抱えるACの皆さん、

怒りだけでなく、悲しい気持ちが生まれた時でも構いません。

 

「あの時さぁ…!!!!」

 

そうして

言いたかったことを吐き出してやりましょう。

 

ACの方は優しい方が多いのです。

誰も傷付けたくない、

ましてや、親のような人間にもなりたくない。

 

大丈夫ですよ。

1人で、解決出来ます。

 

広告を非表示にする