読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

旅で出会った「お母さん」

f:id:akkachan:20161124203146j:image

2016.11.19

 

17日から21日まで、広島県尾道市へ旅に出ていました。そこに住む友人達の支えを受けながら、本当にたくさんの、嬉しい発見があった旅でした。

 

今回の記事では、旅の最終日…

泊まっていたゲストハウスでお会いした「お母さん」についてお話出来ればと思います。

 

私の出会った「お母さん」…

彼女とはその日の朝偶然にお会いし、気がつくと時間を忘れ2人っきりで長話をしていました。

 

彼女は…私のことを娘のようだと、

"娘と話しているようだ"

"泣きそうになる" とまで言っていました。

 

私は…

自分の母親とまでは思えなくとも、彼女に対し、計り知れない親近感を感じましたね。なぜなら、

彼女もモラハラ夫と結婚したお母さんだったからです。娘さんの状態も、非常に私と似ているようでした。

 

彼女の家庭内の様子も、私は痛いほどよく分かりました。それと同時に…

すごく嬉しかったんですよ。

娘を想う「お母さん」の存在を知れて、モラハラに立ち向かう強い女性の存在を知れて…

 

1人じゃないんだと感じました。

これは、尾道に住む友人達のお陰でもあるのですが、人との距離がずっと分からなかった私には、何とも言えない安心感でした。

 

私の父は私が子供の頃から常々

"人を信用するな"

"何かあったらお父さんに言いなさい"

 

私はそう言われ続けて育ったんです。

人にはSOSを出しては "いけない" し、

何かやりたい事があっても、父に報告し、許可を得ないと動けなかったんです。

 

しかし…人は助け合って生きていける。

私もそれをやって "いい" のだと感じることが出来ました。

 

沢山の出会いがあった旅ではありましたが、

1人の「お母さん」に出会えた事はとても印象深いものです。

 

アダルトチルドレン(AC)が増えている世の中だと耳にしますが…

 

1人じゃないですよ。

 

家々で環境は異なるものの、共有出来る事、共感出来る事は沢山あります。

それが今後の自分の救いとなる事もあります。

 

今、私の母もかなり回復し、最近の母はとてもたくましく、格好良いです。

…正直本当にビックリしています。

 

寂しい、

弱々しい、

そんな母の背中を見てきた私には、天地がひっくり返ったくらいの心境です。

 

大人になれば、育った家という世界がどんなに小さな世界だったのかと感じます。

しかし、ACは、子供時代その場所が全てだったんです。狭く、暗く…それでも自分が生きるための家でした。

子供にとってかけがえのない大切な場所であり、それなのに恐ろしいものでもあり、トラウマが溢れる場所でもあるでしょう。

 

少しずつ、

自分を取り戻すと共に、誰かに話してみたり、聞いてみたりすることを私はお勧めします。

 

行動的で、

自信もあるようで、

きっと何不自由無く幸せに育ったのだろうな…

素敵な家庭で育ったのだろうな…

私は今回の旅で、そんな友人にも思い切って尋ねてみたんですよ。

 

驚く程共通点があり、また友人との距離が近くなった様に感じました。とても…嬉しかったですし、安心感を持ちました。

 

大丈夫…。

1人じゃない。

 

子供時代は孤独でも、

どこにも居場所が無かったとしても、今は、

ACは立派な大人です。

しかも優しく、人を援助できる素晴らしい人です。

 

自信を持ちましょう…!

…と、半分は自分に言い聞かせている私です◎笑