読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

なぜ兄妹(きょうだい)の中で私だけ…?

アダルトチルドレン記録

f:id:akkachan:20170107133022j:image

遅くなりましたが、

明けましておめでとうございます◎◎◎

 

お正月は皆さん如何お過ごしでしたか?

私は食べ過ぎて今…

自分のお腹に睨みを利かせています、苦笑。

 

さて、お正月といえば多くの家庭では家族が集まりますね。集まるというか、揃うというか。

 

私には年子の兄が1人います。

私の兄妹(きょうだい)は兄だけです。

大晦日に実家に帰り、元旦には自宅へ戻り、

2日から仕事という弾丸スケジュールで忙しそうでしたね〜。

 

今回は、兄妹(きょうだい)についてお話出来ればと思います。主に…

 

"なぜ私だけ?"

(なぜ私だけ両親や家庭環境の影響を強く受け、それが大人になってもこびり付いているのか?)

 

という疑問。

 

私はごくシンプルに、それは

「違う人間だから」

 

だと感じています。

確かに母と違い、

兄もまた同じように "子供" 時代を、

機能不全と呼ばれる環境で育った訳ですが、

当たり前に、兄と私は別の人なんです。

 

大きく、気質も違えば、性格も違う。

 

あと1つ挙げるとすれば、家庭で過ごした時間でしょうか。

兄は高校を卒業して就職し、県外へ行き、

今ではお正月とお盆に顔を出すか出さないかという程度。

 

兄にどれだけ両親や家庭環境の影響があるのか、

私は知りえません。

 

私はよく、兄のことを羨ましく感じることはありますが、もしかすると兄もまた、アダルトチルドレン(AC)としての悩みや苦しみがあるのかも知れませんが、それは分かりません。

 

しかし私が兄を見ていて羨ましい、それ以外に感じるのは、

 

"たくましいな"

"優しいな"

 

ということです。

 

そんな兄に比べて、

自分はなんて弱虫なんだ、とか

自分はなんて我儘なんだ、とか

自分は根性がない、だとか

 

私は色んな劣等感を抱いてしまいます。

 

しかし兄に対して感じることは、

 

"たくましくて優しい"、なんです。

それが私が感じる私の兄なんです。

 

f:id:akkachan:20170107135250j:image

忙しいスケジュールの中、1人で神社に参拝しに行き、家族の人数分の御守りもプレゼントしてくれました。

 

1つの共通点をお話しましょう。

 

私はこれまで、同じとは言いませんが、

様々な機能不全家庭で育った方々との出会いがありました。

 

そんな方々に抱いた印象もまた、

"たくましくて優しい" なんです。

 

今回私がお伝えしたいのは、

ACである、機能不全家庭で育ったあなただって、

 

"たくましくて優しい" 人だということです。

 

今まさに

ACの問題に向き合っている、

或いは克服した、

いやいや、ACの問題に心が折れそうだ…、

もう何もかも放り投げてしまいたい…、

 

様々な心持ちで過ごしていらっしゃる方は多いと思います。

 

他の兄妹は平然としているようだし、

仕事もプライベートも充実しているようだし、

なぜ兄妹の中で自分だけが…

 

そんな風に感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし本当に兄妹がどのような心持ちなのかは、

いくら兄妹であっても分かりません。

 

私はたまに、兄が心配でたまらなくなる時があるんです。

 

仕事も出来るし、人付き合いも上手だし、

だけど…

本当にそうだろうか?

そのように視えているだけで、本当は苦しくてたまらない時があるんじゃないか…?と。

 

兄妹というのは、

両親とはまた違った繋がりですよね。

 

"比べないこと" が大切なのだと思います。

そして叶うならば、思いを共有できれば最高ですね。

 

私は子供の頃、兄によく付いてまわっていたのですが、胸の内を話したことはほとんどありませんでした。話すのが苦手な上に、笑っている兄の笑顔を自分のネガティヴな言動で消してしまいそうで、話せませんでした。

 

しかし今では、

子供時代家庭で辛い思いをした時に、

お互いに愚痴でも言い合える関係だったならば良かったなぁと、つい考えてしまいます。

 

兄妹で競わされた方々もおられるでしょう。

比べられ、自尊心を失い、劣等感ばかり抱いてしまう方もおられるでしょう。

 

ですが、兄妹は何も争う関係では無いのです。

別の人なのですから、比べようが無い。

 

同じ家庭環境を生き抜いた、仲間です。

そんな兄妹故に、大切な故に、

何気ない一言にもグサッとくる時もありますが…

 

たくましく優しい方が多いと思います。

たまにはじっくりまったり、語れる機会があれば良いですね。