読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の質問

アダルトチルドレンと教えてもらい、それからの日々の事など。

《非凡な君へ》

f:id:akkachan:20160714154013j:image

2016.4.24

 

上の写真の絵…これは久しぶりに再会した私の友人とその友人達と過ごした時に描いたもの。彼らは熊本地震の支援のため、私の部屋に泊まっていたのですが、私の友人というのは【フラワー】の時期一緒に働いていた人。会社の中でも私の感性に興味を持ち、色んな世界を教えてくれた人物。彼の友人達も穏やかで優しい方々でした。

 

今朝、病院へ行きました。心理士さんも主治医も、いつも時間をかけて一緒に考えてくれます。

病院のことについては別に書こうと思うのですが、

《彼又は彼女》が出て来たので、書き記しておこうと思います。

 

 

 

「今日はとても面白い話を聞いたね!特にイルカトレーナーの話は最高!君はイルカをトレーニングするイルカのトレーナーをイメージした訳だ。そして彼女と話した人はイルカが描かれたトレーナーをイメージした!良かったじゃないか!君のようにオリジナルのイメージをする人は他にも居るんだ!

 

主治医の話も興味深かったね。彼は君を光の方向へ連れ出すのが本当にうまい。
でもなぜだい?ソファで少し眠りについて起きた今の君…どうしてそんな不安を感じてるの?

 

自信が無いのかな?
自分のイメージを笑い話にすることも、「非凡」な自分を自分で許すことも、出来るか不安?

 

【フラワー】がなぜありのままの姿を見せれたか、僕は知ってるよ。当時の君は非凡であること…周りと違う変わった人間である自分を、愛していたんだ。だって君の周りの人達は知っていたよ。君が変わった子だっていうことをね。知った上で笑顔で君に接してくれた。君を色んな場所に連れて行ってくれたり、君の描いた絵や作ったもの、話すことを興味深く受け止めてくれた。周りの人が優しかったから?優しかったから君は見せれた?話せた?

 

それはちがう。君が、自分から見せていたんだ。
非凡であり変わった自分自身を見せたかったんだ。
自分を愛していたから。
自分の感性を愛していたからだよ。
そして愛される方法も、君は知っていた。

人を傷付けることなく、否定することなく、自分の意見を言うことが出来た。

 

今だってそうだよ。君は人を傷付けたいだなんて思ってない。だけど今の君は自分を愛することを自分でダメだと思ってるから、自分にナイフを刺しちゃうから、そのナイフを人に向ける日がいつか来るんじゃないかと、人と接することが怖くなっちゃうんだ。

 

君は人が大好きさ。
小学生の頃、自分の世界で過ごしていたところを先生から引っ張り出されて、…ああ、少々強引だったかも知れないけれど、君は知ることが出来たんだ。体感出来た。


人っていうのは自分には持っていないものを持っていて、自分には見えない世界を見ている。
人との交流を通して、君は新しい発見をたくさん出来る。

 

なぜ線を引いちゃったの?
どうして自分を隠そうと思ったの?
君の魅力的な部分を見せちゃいけないって考えちゃう理由は何?

 

年齢…か。
【フラワー】は19歳、20歳…
行動力もあったもんね。
だけど何も、周囲の人は君が若いから仲良くしてくれた訳じゃないと思うよ。
確かに社会的にも未熟な君に "教えてあげたい" と思うことはあっても、それは理由の1つに過ぎない。
見た目だって君は当時26歳に間違われていたじゃないか!…おっと、失礼。

 

"いい歳なんだかしっかりしなくちゃ"
そう思うのは構わないよ。
だけどね、だからって自分に嘘を付く必要はない。
落ち着きがないって?
しょうがないじゃないか。君は落ち着きがないんだから!落ち着いていたらむしろ君じゃないよ。
僕は演技してる、って思っちゃうね。
数字や計算式が出来ないのもしょうがない。
素早く計算してる君なんて、とても想像出来ないね。どうしちゃったんだろう?って僕は不安になっちゃうよ!

 

【フラワー】に【ペインター】が言ったこと、君は忘れちゃったかな?

"つまんない人間になるなよ"
"人に合わせてまで人に愛されてーの?"
"欠点が無くなるってことは、長所が無くなるってことなんだけど…"

 

【ペインター】はよく理解してるよ。
衝動的で手に負えない部分も確かにあるけれど、比較することがうまい。いや、簡単に比較出来ないことをよく理解してるんだ。


丸い球体には光が当たる場所と当たらない真っ暗闇が存在する。見る位置を変えれば、光が当たる場所と真っ暗闇の場所は変わるんだよ。
欠点は武器にもなるし、武器が使えない時もあることをよく理解してるんだ。


一方を取り除こうとすると、丸い立体はもう丸では無くなる。今の君は丸い立体を壊そうとしてるのと同じさ。


【フラワー】とは向き合いにくい?
何を考えてるか分からない?
でもね、彼女とも向き合った方がいい。

 

"私って変わり者なの!だけどそんな自分って素敵だと思うわ!人にはないものをたくさん見ることが出来るし、感じることが出来る!
空は色んな表情をするの。芸術家みたいね。みんなから愛される芸術家!…空だけじゃない、川はキラキラしているし、空気はいつも違って感じるわ。身体を揺らして歩くと色んな音が聴こえるの。とっても楽しいの。
耳を澄ましてみて。…ほら、鳥が歌ってる!まるで自分に話しかけてくれてるみたい!
嫌な人?あんまりいないかな。不機嫌な人はいっぱいいるけど…しょうがないわ。きっとお気に入りの靴下に穴が開いちゃったのね。捨てるのは勿体無いから、私なら針と糸で縫い合わせるわ。そうすれば、またお気に入りの靴下を履けるじゃない!"

 

【フラワー】は紛れもなく君だよ。
君の中に生き続ける。


【child】や【ピエロ】は子供だからね、守ってあげないと苦しい時がある。手をかけてあげないといけないかも知れない…周りと一線置いて誰にも邪魔されずに、一緒になって悲しんだりすることも必要だけど…【フラワー】も君の大切な一部さ。

 

普段【フラワー】は感じられない?
でもね、いつもいるよ。
面白い音を見つけてご機嫌になったり、素敵な雰囲気の男性を見つけてドキドキしたりしてる。


君が…雨が続いて気分が落ち込んでる中でも、1人ワクワクしているかも知れないね。
"雨" を "飴" に変えて、たくさんのキャンディが降っていると、キャッキャ笑ってるかも知れない。

 

【フラワー】をもっと表に出した方がいいと、僕は思うよ。彼女は愛される方法も知ってる。
愛らしい彼女…いや君を、人にも見せた方がいいと僕は思うんだ。
きっと今より楽になるよ。」